蒲郡

07/12/31 Mon 長谷寺。

 蒲郡の「風の谷の庵」で。 朝食
 伊賀の道の駅で。 肉うどん
 実家で。 おせち料理 筑前煮 その他あれこれ ふぐ刺し フグ鍋 シャンペン 白ワイン

旅館の朝ごはん。 何から食べていいのか迷うほどの品数だった。 鶏肉の八丁味噌煮が美味だった。

2008_01030072 2008_01030075

とてもいいお宿で私は気に入った。 もっと近くにあればしょっちゅう泊まりにきたい。

旅館からは三河の町がずっと見渡せる。 反対側からは三河湾も全部見えた。

2008_01030076

さて、奈良のお寺をひとつくらい訪ねてみようか。 最近読んだ百人一首の本に平安時代は長谷寺参りが流行っていたとあったので、長谷寺に行ってみよう。

長谷寺は桜の頃に訪ねたことがあるが、冬の長谷寺もなんとも美しい。 

大晦日の夜には回廊と本堂にたくさんの燈籠が灯されてとてもきれいだそうで、その様子がNHKで放映されるらしい。 というと今夜じゃないですか、残念。 

仏像もきれい、寒牡丹も冬支度をしてもらって暖かそう。

2008_01030091_2 2008_01030103 2008_01030107_2 2008_01030109_2

夜。 実家でお年越し。 何もしなくていいようにおせち料理やトラフグ鍋を注文しておいたが、やっぱり母の煮物がいちばんおいしかった。

2008_01030115_2 2008_01030117_2

今年もお世話になりました。 来年もいい年にしたいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

07/12/30 Sun 東京ー蒲郡。

 東名高速のSAで。 自家製おにぎり 白菜の浅漬け かき揚げ蕎麦
 東名高速のSAで。 たこ焼き
 蒲郡の「風の谷の庵」の食事。 ビール 冷酒

今年の正月休みは実家に車で行くのだが、車だと遠いので往きと帰りに途中で温泉に一泊ずつするという計画を立てた。 立案も宿の予約もすべて夫が担当。 どんな旅になることやら。

朝。 おにぎりを作って漬物だけ添えて持っていく。 途中のサービスエリアでお蕎麦を頼んで一緒に食べた。

2008_01030009

これといった渋滞もなく、スムーズに蒲郡に到着。 三河湾に出てみる。 穏やかな海、きれいな水。

2008_01030019 2008_01030012

さて、今日の宿は「風の谷の庵」という旅館である。

和室も気持ちいい。 窓には双眼鏡が置いてある。 星がきれいなのかな。 

2008_01030040 2008_01030037_2

リビングルームは床暖房。 ストーブもある。 浴室の向こうには露天風呂。

2008_01030034 2008_01030033_2

森を見下ろしてゆったりと入れる露天風呂。 気持ちいい。

2008_01030027

ダイニングテーブルも広々としていて、洗面スペースもとても居心地がいい。 夫よ、なかなかいい宿を見つけてきたではありませんか。

2008_01030025 2008_01030030_2

温泉から戻り、宿の図書コーナーから借りてきた本を読んでいるうちにそろそろ夕食の時間。

前菜あれこれと、お刺身。 お刺身がとてもおいしかった。

2008_01030044 2008_01030047_2

かぶら蒸しのあとは、部屋に板前さんが来て目の前で天ぷらを揚げてくれる。

2008_01030050 2008_01030051_2

ここら辺の名産「目ひかり」の天ぷらなど。 メインは魚の西京焼きと、

2008_01030053_2 2008_01030059

ステーキ。 魚も肉もとてもおいしかった。

2008_01030058 2008_01030061

デザートはハイビスカスゼリー。 夜食はサンマ寿司だった。

2008_01030067_4 2008_01030071

食後はお布団でごろごろしながら「武士の一分」を見ていたが、半分もしないうちに私は熟睡してしまった。 

おかげで夜中に目がパッチリと冴えてしまったので、部屋の露天風呂にのんびり眠くなるまで浸かった。 極楽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)