New Orleans

18/02/06 Tue ニューヨークの休日。

朝。 まだフラフラするけど、なんとか荷造りしてチェックアウトして、顧客との打ち合わせと施設の見学。

これですべてのアポは終了。

昼。 空港近くのファミリーレストランで、私は豆スープを食べた。

あとはニューヨークに戻るだけだ。

ニューオリンズの空港のカフェで、Mはガンボの食べ収めと言って、鴨のガンボを頼んだ。 一口もらったら塩辛かった。

R0051071_2

デルタはファーストクラスにアップグレードしてくれた。 今回3回デルタの国内線に乗って3回ともアップグレードされた。 ずいぶん気前がいいエアラインだ。

夜。 ニューヨークのホテルに行く。 夫が先にチェックインしていた。

実は1月10日に我が家の猫が22年の生涯を閉じた。 

20年以上ずっと元気で、いつも私にふわりと寄り添ってくれた猫があっという間に死んでしまった。 大往生だし、必ずお別れが来るのは分かってはいたけれど、やっぱり寂しい。

旅行よりも家がいちばん!と豪語してはばからない我々も、さすがに猫がいない家はまだまだ辛くて、私のアメリカ出張後にニューヨークで合流しない?と夫に言うと、夫もやっぱり同じ気持ちで「そうしよう」ということになった。

風邪っぴきの私は、荷をほどいて早々にベッドにもぐりこんだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

18/02/05 Mon 風邪を引く。

朝。 目が覚めたら、完璧に風邪を引いていて、まったくベッドから起き上がれない。 声も出ないし、身体の節々が痛い。 なんてこった。やっぱり土曜日にうがいをしておくべきだったんだ。

一緒に朝食を取る約束をしていた同僚に「風邪ひいた、かなり深刻。 朝食はパスしてチェックアウトまでにはなんとかする」とSMSすると、同僚も「僕も風邪ひいた。 熱があるみたい」とのこと。 がーん。

ぎりぎりでチェックアウトして、レンタカーで空港でミネアポリスで週末を過ごしていた同行者と合流して、私は後部座席に倒れ込んだ。

昼。 車はファーストフードのドライブスルーに行く。 私はオレンジジュースを飲んだ。

午後。 ホテルにチェックイン。 明日の打ち合わせ相手との夜の会食は欠席して、こんこんと寝る。

結局一度も食事を取らずのいちにちだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/04 Sun ニューオリンズのルイジアナ料理。

朝のフライトで、JFKからニューオリンズに向かう。

R0051008

8時半のフライトに乗ると、ニューオリンズには11時過ぎに着く。 氷点下のニューヨークから気温20度の南部の町にやって来た。

同僚Mが空港からホテルまでウーバを予約していた。 最近のアメリカはウーバだらけでタクシーは衰退の一途である。 空港にはウーバの待ち合わせ場所もある。

現れたウーバの運転手さんは黒人女性だった。 彼女によると、マルディグラが近いのでニューオリンズの町はすでにお祭り騒ぎとのこと。 マルディグラって何?と聞くと、なんでもリオのカーニバルに匹敵するくらい有名なお祭りらしい。

ニューオリンズを訪れるのは初めて。私にとっては次の訪問の中継地にすぎないので、事前情報ゼロで上陸したけど、すごい観光地じゃありませんか。

R0051012

ジャズ発祥の地なので、ストリートミュージシャンの質が信じられないくらい高い。 プラスチックのバケツの底をドラムにしてバチで演奏するミュージシャンたちにも目を奪われるけど、その近くで、ちびっ子予備軍たちも小ぶりのバケツで練習に余念がない。

R0051010

昼。 通りを歩き疲れて、次に気になったレストランで食べようと、入ったお店。 入口に足を踏み入れると、料理のいい匂いがする。 これは期待できそう。

私は前菜に生ガキを頼んだ。 なにこの牡蠣!? 旨すぎです。 上質の冬の牡蠣と岩牡蠣の間くらいの濃厚さで、爽やかな後味が残る。

R0051021

スープ大好きのMは当然ガンボスープを注文した。 シーフードガンボにはごはんが乗ってくる。 味見すると、スパイスが効いていて、とてもおいしい。

R0051020

メインに名物のザリガニ料理を注文した。 

スパイスの効いたスープでザリガニとソーセージとトウモロコシとじゃがいもを茹でたもの。 結構ピリピリ辛いけれど、食べだしたら止まらないおいしさだ。

R0051022

Mは一匹ずつ殼をむいて食べていたけど、ゆで汁で手がべとべとになるので、私はまとめて剥いて、手を洗ってからゆっくり食べた。

R0051024_2


R0051025_2

二人で完食しました。 

ニューオリンズでは食後の飲み物はコーヒーしかない。 紅茶も、カプチーノも、エスプレッソもない。 みんなブラックで飲むので、Mがミルクを頼むとプラスチックのコップで牛乳が出てきた。 



R0051026

そしてこのコーヒーがとても美味なのであった。 コーヒーが苦手な私もおいしいと思った。

Mがデザートに頼んだ、ブレッドプティング。 甘さ控えめで私でも一口おいしく食べられました。

R0051028_2

通りはアメリカ人観光客であふれかえっている。 みんなビーズを首に巻いている。

R0051015_2

建物の2階から通行人にビーズを投げてくれる人もいる。 私もキャッチしてビーズを首にぶら下げた。

R0051029_2

Mが「ニューオリンズに来たら、Café Du Mondeでベニエを食べなくちゃ」と張り切ってお店を探した。 

お腹いっぱいなんですけど、粉砂糖たっぷりの揚げドーナツ、ベニエ。 

R0051047

むっちりとおいしい。

R0051050_2

近くのテーブルでは、真面目そうな中年夫婦が地味なTシャツとジーンズを着て、しかし顔には派手な仮面舞踏会用のマスクをつけて、そしてたぶんマスクをつけているのを完璧に忘れて、普通に揚げドーナツをほおばっていた。 ほのぼの。

夜。 空港からのウーバの運転手さんに地元のお勧めのレストランを聞いて教えてもらったお店「Felix's Restaurant & Oyster Bar」に行く。

Mはブラディマリーを頼み、私は白ワインを頼んだ。

R0051056_2

おつまみにオニオンリング。 カリッと揚がっていて、おいしいこと。

R0051057_2

いろいろ試したいので、サンプル3点セットを頼む。 ジャンバラヤ、ガンボ、エトゥフェ(ケイジャン風シチュー)。

R0051058_2

魚のフライのサンドイッチ。 この魚のフライが絶品だった。 上質の白身魚を細く切って揚げてある。 

R0051060_2

タバスコを代表とするホットソースが少なくとも3本は置いてある。 スパイスの町です。

R0051059_2

そのうち、隣の席に10歳くらいの男の子と父親の白人親子が座り、メニューも見ずに料理を注文した。 とてももの静かな親子で、ひっそりと食事している。 何かのきっかけで我々と会話が始まった。 想像通りニューオリンズで生まれてニューオリンズで育ってずっとニューオリンズに暮らしていると言う。 この店は美味しいから毎週来ると言う。 日本から来たと言うと、ああ日本、と言いながら遠い目をした。 頭の中の世界地図をざっと探したけれど日本という国の場所は見つからなかった、という目だった。

食後。 夜の通りは、ライブの演奏が始まって、にぎやかなこと。

R0051066_2

我々はホテルに戻り、バーでスーパーボウルの決勝戦を観た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)